おすすめウイスキーその③ バランタインファイネスト

今回ご紹介するバランタイン ファイネスト

なんでこんな安ウイスキーを紹介するんだと思われるかも知れませんが、色々と理由があります。


スポンサーリンク

以前紹介したグレンフィディックと違って、これはブレンデッド・ウイスキーということになります。

参考記事:シングルモルトとブレンデッド・ウイスキーの違い

ブレンデッド・ウイスキーの定番 バランタイン ファイネスト

このバランタイン ファイネストはブレンデッド・ウイスキーの定番中の定番。世界で飲まれるウイスキーの3分の1はバランタイン ファイネスト、と言われています。

香りですが、若いにも関わらず本物のウイスキーの香り。微かな甘さとスモーキーさが漂ってきます。

飲んでみるとまろやかで、ウイスキーのうまみが口いっぱいに広がってきます。ブレンデッドならではの滑らかさなども感じることも出来ます。

甘さとスモーキーさのバランスが織り成す唯一無二の味わい。

安い部類に入るのに、しっかりとしたウイスキーの味を楽しむことの出来る一本。

まさにウイスキーのお手本ともいえるような味わいのバランスの良さが魅力のこのウイスキー。ウイスキーの真骨頂である奥深い味わいを楽しむための一歩としておすすめできる名酒です。

またバランタイン ファイネストは旨い・まずいを論じる対象ではなく、これがウイスキーの基本の味という意見が多数です。まさにウイスキーのスタンダードといえる一本。

これから様々なウイスキーを飲んでいくに辺り、基本的なウイスキーとはどんなものか押さえておくのは必要ではないかと思いご紹介しました。

ちなみにバランタイン17年は「ザ・スコッチ」の異名を持つ、ブレンデッド・スコッチを象徴する伝説の一本です。

このバランタイン17年もバランタイン ファイネストという基礎があってのもの、と思って飲むとまた赴きがあります。

TOPへ戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。